プロペシアはいつまで飲み続ける?

プロペシアとは、AGAの治療を施す医療用医薬品で、抜け毛をストップさせて薄毛をくい止めることが目的で使用されます。プロペシアは、フィナステリドを主成分とした内服薬で、男性ホルモンの働きを抑える効果があります。AGAの原因の一つには、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが関係していると考えられていて、フィナステリドはこのジヒドロテストステロンの産生を抑えることで、抜け毛を抑制します。元々フィナステリドは、前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として、広く知られていました。その後研究でAGAの毛髪の成長に効果が現れることがわかり、AGA治療薬として承認されています。プロペシアは、抜け毛を防止するとともに、毛髪を強く丈夫に育てるのに有効な薬で、本来は発毛に作用する薬ではありません。ただ服用者の多くに、ある程度の発毛が認められています。プロペシアの効果的な服用方法は、毎日決まった時間に服用することです。即効性のある薬ではないので、長期間継続して飲む必要があります。そのため毎日きちんと飲み続けることが大事です。ただ飲めば飲むほど効果があるわけではないので、決められた用量を必ず守ることが大切です。またAGAが気になる場合には、飲み続ける必要があります。それはプロペシアは、男性ホルモンが薄毛の因子に変換されるのを防ぐ薬ですから、服用をやめてしまうことで、再び薄毛因子が活発化してしまいます。服用を中止すると一気に禿げるわけではありませんが、新しい髪の毛の成長が鈍くなるので、髪の毛を保ちたい場合には、飲み続ける方がよいでしょう。ただ必ずしも一生飲み続けなくてはいけない薬ではないので、自分の意思でやめるタイミングをみつけるとよいでしょう。