日本発毛協会と、プロペシアとミノキシジルの育毛促進

薄毛に悩む人の数は年々増え続けていると言われていますが、薄毛になることで髪の毛が全て無くなるのではないかと言った恐怖心などが起きてしまい、これが元で症状が悪化してしまうケースが在ります。

薄毛には何らかの原因が在りますが、ストレスが加わることで薄毛の症状を引き起こす事からも、薄くなった自分の頭皮を見る事でストレスに感じてしまう事も在ります。

薄毛に悩む人々のための活動を行っている組織の一つに日本発毛協会が在ります。

日本発毛協会は、抗老化医学とも呼ばれているアンチエイジング医療、アレルギー科や皮膚科、内科、美容整形と言った診療科の専門医を初め、薬剤師や機能性食品の研究や開発を行う企業内開発者などで構成されている組織で、男性型脱毛症とも言われているAGA専門医や女性男性型脱毛症とも言われているFAGA専門医などの紹介、インターネットを初めとした雑誌や新聞などのマスメディアを利用して、一般の人々への情報発信、発毛関連商品の研究開発など幅広い活動を行っています。

AGAの治療に使われる医薬品の一つにプロペシアが在ります。
プロペシアは日本皮膚科学会での推奨されている治療薬ではありますが、これは男性の薄毛の場合であり、女性のFAGAに対しては使用すべきではないとしてします。

男性のAGAの場合は、プロペシアを服用する事で強制脱毛ホルモンを抑制させ、酵素を阻害する事で脱毛の症状を治療する事が出来ますが、女性の場合は恐ろしい副作用が起きる可能性が高い事からも推奨されていません。

また、髪の毛の育毛を促進させる目的で利用されるのがミノキシジルと呼ばれている医薬品です。
ミノキシジルはプロペシアとは異なり、女性でも使用することが出来る育毛剤の一つで、血管を広げる事で髪の毛に必要となる栄養を届ける作用を期待する事が出来ます。