薬用の意味と妊娠している女性とプロペシアについて

薬用シャンプーや薬用育毛剤などの商品が在りますが、これらの商品はドラッグストアなどで購入が出来るようになっています。
この薬用と言うのは、医薬部外品の事を意味しており、一般的に存在しているスキンケアと言うのは薬事法により、医薬品と医薬部外品、そして化粧品と言う3つに分類されているのが特徴です。

尚、医薬品の中には医師や薬剤師による処方が必要な薬が在るのが特徴で、男性型脱毛症の治療薬でもあるプロペシアは医師の処方を受ける事で治療に使う事が出来るようになっています。

プロペシアにはジェネリック医薬品と呼ばれている後発医薬品が在ります。
ジェネリック医薬品は先発医薬品とは異なり、開発コストがかからないため、製造コストを抑えられることからも、先発医薬品よりも安いと言った特徴が在ります。

男性型脱毛症の治療は健康保険が適用されないので、治療にかかる費用負担が全額になります。
ジェネリック医薬品を使う事で、費用負担が少なくなるため、個人輸入代行を行っている通販サイトで販売しているプロペシアの後発医薬品を購入して治療を考える人も少なく在りません。

しかし、プロペシアには精子量を低下させてしまう副作用、EDとも言われている勃起不全などの男性機能の低下や性欲の低下と言った副作用が起きるリスクが在ります。

また、プロペシアは男性だけが利用出来る治療薬で、女性が利用する事で恐ろしい副作用を招く恐れが在り、特に妊娠中の女性や妊娠の可能性が在る女性がプロペシアを服用すると胎児が男の子の場合など、男性機能低下と言ったリスクを生じさせる危険性が在りますし、服用しなくてもプロペシアに触れるだけでも副作用が起きるリスクが在るなどの理由からも注意が必要です。